前へ
次へ

昔の喪服のルールと今の違い

告別式に参列をすることができない場合には、お通夜に参列をするでしょう。
しかし昔はお通夜は親族のみの参列、告別式は一般の参列者が故人とお別れをするという意味合いがありました。
お通夜は故人と過ごす最期の夜になるので、他人が邪魔をするべきではないという考えがありました。
しかし今は仕事の関係などで告別式に参列をすることができない人が多いです。
またお通夜に参列をする場合には喪服を着用することは失礼にあたると考えられていました。
喪服を準備しているということは不幸を予想していた、ということになってしまうそうです。
ですからお通夜にはグレーや紺のスーツで参列をすることがマナーだとされていました。
しかし今はそこまで考える人もいませんし、お通夜でも普通に喪服での参列を行うことになっています。
喪服ではないほうが目立ってしまいますし、グレーや紺のスーツでの参列のほうが失礼になってしまう、と考えてしまうことが多くなりました。

Page Top