前へ
次へ

喪服に合わせる靴やコート

通夜や葬儀に参列する場合、喪服はブラックスーツにするなど、マナーに合わせたものを着用しようと注意する人がほとんどです。
しかし、小物まで注意が行き届かない人は意外と多いものです。
葬儀や通夜などは故人を偲ぶ場であるために、失礼にならないようなマナーが求められます。
喪服だけではなく、小物にも細心の注意を払う必要があります。
喪服に合わせる靴は、エナメルや金具などの光る素材を使用していないものを選びます。
もし靴で悩んでしまったら、フォーマル度合いが高いストレートチップが良いです。
ストレートチップとは、つま先部分の切り替えが横一文字になっている靴であり、フォーマルな場で着用するケースが多いです。
冬であれば寒さ対策でコートを羽織りますが、基本的には黒色のものを着用します。
もし黒いコートがなければ、グレーや濃紺などの地味系の色であれば問題ないです。
また毛皮や皮素材のコートは殺生をイメージさせるために、着用しないようにします。

Page Top