前へ
次へ

スーツを着用する男性の喪服

喪服を着用することによって、葬儀や告別式などに出席してもマナー違反にはなりません。
男性はどのようなものを着用するのかというと、ブラックスーツが多く若い人からお年寄りまで幅広く利用しています。
ブラックスーツはシングルでもダブルでも問題がなく利用されていますが、昔はダブルは重ねるという意味からも悪いことが重なる迷信として嫌われていました。
しかし、今ではほとんど気にすることがなくなっているので、失礼に当たるというような問題はありません。
お通夜などは平服で出かける場合もありますので、なるべく揃えたいのがネクタイは黒か地味な色にすることです。
女性よりも身につけるアイテムが少ないですが、時計や結婚指輪以外では外しておくことがマナーになります。
日本の葬儀にも多様性が出てきていますが、それによって昔からのしきたりを無くすということではなく、喪服の意味を知り着用することでマナーを守ることができるようになります。

Page Top